2018年9月22日(土)

「首相案件」発言の加計文書 農水省で発見

2018/4/13 11:17
保存
共有
印刷
その他

 斎藤健農相は13日の閣議後の記者会見で、学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画に関する文書が農林水産省内で見つかったと発表した。獣医師法などを担当する課長補佐級の職員が前任者から文書を引き継ぎ、個人ファイルで保管していたという。文書には当時の柳瀬唯夫首相秘書官が県関係者に対して「本件は、首相案件」と述べたとの記載があった。

農水省で見つかった加計学園の獣医学部新設計画に関連する文書=共同

農水省で見つかった加計学園の獣医学部新設計画に関連する文書=共同

 公表された文書は計2枚で2015年4月3日付。同年5月に獣医師法などの担当となった職員が前任者から引き継いだという。農水省の調査に対して職員は「獣医学部の新設は農水省の所管事務とは直接関係がないため行政文書とせず保管していた」と説明。文書を持っていた職員は異動の際に後任に渡さなかった。

 一方、愛媛県の職員が作成した文書と酷似している今回の文書を持っていた前任者は、この文書を見た記憶がなく、保有することになった経緯も分からないという。農水省の調査では聞き取りの対象者の中で、この職員と引き継いだ職員以外は文書を見た職員はいなかった。

 斎藤農相は発見した文書について「日付などの一部が報道されていた文書と異なる」と指摘。一部報道では文書の作成日が15年4月13日となっていた。加計学園が想定する事業費などに関する記載も農水省の文書には含まれていなかった。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報