/

この記事は会員限定です

12月期企業の役員報酬、1億円超は3割増の104人

トップは外国人、12億円超

[有料会員限定]

上場企業の役員で、年間報酬が1億円を超える「1億円プレーヤー」が増えている。東京商工リサーチによると、12月期企業で、2017年12月期に1億円以上の報酬を受け取った役員は104人にのぼった。前の期より27%増えた。好業績に加えて、業績に連動する報酬体系を採用する企業が徐々に増えていることが背景にある。

1位はブリヂストンのエデュアルド・ミナルディ副社長。退職年金を含めた報酬額は12億円を超えた。17年12月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り245文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン