/

この記事は会員限定です

福島県の花見の名所困惑 桜前線の到達早すぎ

[有料会員限定]

「花番付」がつくられるほど桜の名所が多い福島県で、例年にないスピードで進む桜前線への困惑が広がっている。

観測史上最も早く6日に満開となった国の天然記念物、三春滝桜(三春町)は観覧客が昨春を大きく下回るのが確実だ。同町によると、昨春は約16万6千人が訪れたが、今春は現時点で6万人程度にとどまる。

町は14~22日に予定していた夜間ライトアップを6~15日に早めたが、民間のツアーは苦戦している。滝桜...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り292文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン