2018年7月24日(火)

JR北、マンション事業参入 苗穂駅に第1弾

2018/4/12 22:00
保存
共有
印刷
その他

 JR北海道は分譲マンション事業に参入する。大京、住友不動産と共同で札幌市の苗穂駅北口に第1弾のマンションを建設すると12日発表した。自社研修センターの移転跡地を活用し、2020年度末の完成を目指す。他の社有地の活用も視野にノウハウを学び、鉄道事業の赤字を補う新たな収益事業に育てる。

苗穂駅北口に建設予定の分譲マンション(イメージ、JR北海道提供)

 敷地面積約8千平方メートルに、地下1階・地上27階建ての高層マンションを計画する。部屋数は300戸。夏ごろに着工し、19年春にも売り出す。同日の定例記者会見で島田修社長は「土地を売るのではなく、マンション分譲そのものに参画し、ノウハウを習得して手がけられるようにしたい」と意欲を見せた。

 資材や工事費の高騰で14年に凍結した函館駅近くのビジネスホテル開発も、20年春の開業に向け再開する。駅に直結した自社用地に「JRイン函館」を建設する。敷地面積は2200平方メートルで11階建て、客室は約210室の予定。総事業費は約30億円。北海道新幹線の開業で増加傾向にある観光客らを取り込む。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報