/

この記事は会員限定です

三星「よいとまけ」 都市の発展、銘菓で応援

企業ファイル 北海道150年を刻む

[有料会員限定]

戦前から工業都市として発展を続けてきた北海道苫小牧市。同市を代表する銘菓として長年愛されている三星(みつぼし)の「よいとまけ」は、製紙会社で働く労働者の掛け声や作業内容にちなんで開発された。地元に根ざし愛されるために、都市の発展を菓子作りを通して応援しようと試行錯誤を続けてきた。

「よいとまけ」はロールカステラの表面に甘酸っぱいハスカップジャムがたっぷりと塗られ、酸味と甘みを楽しめる。初代社長の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り944文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン