スペシャル

フォローする

西野新監督、選手つなげる「触媒」となる覚悟
サッカー日本代表

2018/4/12 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
その他

3年ぶりの監督復帰に西野氏は「心身を整えたり、(勝負勘を)研ぎ澄ませたりしなければ」と少しばかり不安を口にした。それでもワールドカップ(W杯)本大会の開幕が2カ月後に迫ったタイミングでの緊急登板に、やるべきことは定まっているようだ。

「持っているプレーを確実に選手に出させること。自チームでのプレーを代表でも出させたい。選手はまだまだ出せる。それらを融合させてチームとして機能させる」

裏返すとそれ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

サッカーコラム

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
サッカー日本代表監督への就任が決まり、記者会見する森保一氏=共同共同

 サッカー日本代表の新監督に、森保一・U―21(21歳以下)監督が兼任で就くことになった。
 日本人指導者の間で監督交代がなされるのは1997年の加茂周―岡田武史以来になる。この時は監督解任に伴う継承劇 …続き (2018/7/27)

 現地時間の6月14日夜、開幕したサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会に6大会連続出場を果たした日本代表はここにきて大きく路線を変更したようだ。本大会2カ月前になって電撃的な監督交代が断行され、 …続き (2018/6/15)

FIFAはクラブW杯を4年に1度とし、出場枠を24チームに増やす見込み(2017年大会で優勝したレアル・マドリード)=ロイターロイター

 ワールドカップ(W杯)ロシア大会を前に世界のサッカー界が揺れている。発端は国際サッカー連盟(FIFA)のインファンティノ会長が打ち出した2つの改革だ。
 まずはクラブW杯の拡大。7クラブで毎年開く大会 …続き (2018/6/14)

ハイライト・スポーツ

[PR]