スペシャル

フォローする

西野新監督、選手つなげる「触媒」となる覚悟
サッカー日本代表

2018/4/12 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
その他

3年ぶりの監督復帰に西野氏は「心身を整えたり、(勝負勘を)研ぎ澄ませたりしなければ」と少しばかり不安を口にした。それでもワールドカップ(W杯)本大会の開幕が2カ月後に迫ったタイミングでの緊急登板に、やるべきことは定まっているようだ。

「持っているプレーを確実に選手に出させること。自チームでのプレーを代表でも出させたい。選手はまだまだ出せる。それらを融合させてチームとして機能させる」

裏返すとそれ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

サッカーコラム

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
横浜Mのティーラトン(右)らタイ選手が出場するJリーグの試合はタイ国内でも注目される=共同共同


 サッカーのJリーグがタイでのビジネス展開で攻勢をかけている。日本でプレーするタイ人選手が増え、当地でJリーグの認知度は高まっており、放映権収入も伸びている。タイなど東南アジアのサッカー市場は伸びしろ …続き (8/7)

2回目のトークイベントでは太子堂フットボールクラブの小学生と交流した(17日)(C)ROOTS.実行委員会(C)ROOTS.実行委員会

 コロナ禍の渦中、「自分たちの経験を子どもたちに伝えられないか」と動き出したアスリートは多い。中でもサッカーJ1の横浜Mユース出身者6人による「ROOTS.」はユニークだ。共通点は同じユース出身という …続き (6/25)

大学生のサッカー部員を支援するプロジェクトを始めた酒井宏樹(左)と大津=共同共同

 サッカーJ1の横浜マリノスに所属する大津祐樹が今年1月から、日本代表の酒井宏樹(マルセイユ)と共同で、大学のサッカー部員を支援するプロジェクト「Football Assist」を始めた。
 大学の男女 …続き (3/11)

ハイライト・スポーツ

[PR]