ダノンジャパン、ヨーグルトに人工添加物使わず

2018/4/12 20:00
保存
共有
印刷
その他

ダノンジャパン(東京・目黒)は12日、生産する5つのヨーグルトブランド全てで原材料を見直し、5月半ばをめどに販売を始めると発表した。人工的な添加物を今後使わないほか、12日から同社ホームページで原材料の産地の公表を始めた。消費者の健康志向を踏まえブランド価値を高める。

ヨーグルトに着色料など人工添加物を使わない。甘味料と香料は天然由来に限る。17年9月に着色料などを使わずに生産したヨーグルト「ダノンビオ(厳選セレクション)」を売り出したところ、従来品に比べ販売量が20%増えたという。

同社社長のルイス・ファリア・エ・マイヤ氏は同日の記者会見で「日本は健康と食への意識が高い」と指摘。同社の消費者調査では「人工的な原材料や必要以上に加工された食品の購買は避けたい」との声が目立ったという。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]