/

この記事は会員限定です

トイザラス・アジア事業に買収観測 日本の事業運営にも余波

[有料会員限定]

米トイザラスの経営破綻が孫会社の日本トイザらス(川崎市)の事業運営にも余波を与えそうだ。日本を管轄するアジアの事業会社に対し、複数企業が10億ドル(約1070億円)以上を投じ買収の意向を示していると米メディアが報道。買収によりネット戦略など日本独自の取り組みが打ち出しにくくなる可能性もある。

日本トイザらスは2010年の上場廃止後、米国からは独立した経営を進めてきた。ベビー用品まで含めた豊富な品ぞ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り288文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン