/

この記事は会員限定です

トヨタ初の車線維持 スバル「アイサイト」との違い

[有料会員限定]
日経Automotive_Technology

トヨタ自動車は、部分改良して2018年1月に発売した上級ミニバン「アルファード」と「ヴェルファイア」に、新世代予防安全システム「Safety Sense」を初めて標準搭載した。自動ブレーキを、夜間の歩行者と昼間の自転車にも対応させたのが特徴だ。車線の中央を維持して走行する機能も搭載した。

トヨタの新世代システムは、フロントウインドー上部の室内側に装着した単眼カメラと、フロントグリルのエンブレム裏に取り付けたミ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1725文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン