/

この記事は会員限定です

鷹の目と象の時間 元復興次官 岡本全勝

[有料会員限定]

視野の広さを表す表現に、「鷹(たか)の目と蟻(あり)の目」という言葉がある。「鳥の目と虫の目」とも。蟻は目の前の細かいところはよく見えるが、遠くが見えない。それに対し、鷹は高いところから、広い範囲を見ることができる。蟻は迷路に入って悩むが、空から見ている鷹は出口が見える。

若いときに、先輩から思いもよらない指摘を受けて、「なぜ、私はそのような発想ができないのだろう」と、悔しく思うことがあった。経験...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り487文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン