セクハラ告発が韓国政界直撃 女性の痛み、政争の具に

2018/4/12 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ソウル=鈴木壮太郎】米ハリウッドで始まったセクハラ告発が韓国に飛び火し、政界を直撃している。男社会の不条理を耐え忍んできた女性が声を上げる構図は米国と変わらない。だが保守と革新が鋭く対立する韓国では、女性の勇気ある行動がいつしか、政争の具にすり替わりつつある。

3月上旬。韓国のテレビ局JTBCが衝撃的なインタビューを放送した。次期大統領の最有力候補の呼び声が高かった安熙正(アン・ヒジョン)忠清…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]