2018年4月24日(火)

ビットフライヤー、犯罪への悪用防止策を強化

仮想通貨
社会
2018/4/12 12:27
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 仮想通貨を巡る取引環境の不備が12日判明した。舞台となっているのは、大手交換事業者のビットフライヤー。顧客獲得を優先し、本人確認が不十分なままでも売買を可能にしていた。他人や架空の人物をかたっての取引が横行すれば、資金洗浄(マネーロンダリング)の温床となりかねない。同社は犯罪への悪用防止に向けて対策を強化する。

 「交換事業者は他社との競争が激しい。法律上の具体的な定めがない状況で、厳しいルールを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

春割実施中!日経電子版が5月末まで無料!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報