/

この記事は会員限定です

ビットフライヤー、犯罪への悪用防止策を強化

[有料会員限定]

仮想通貨を巡る取引環境の不備が12日判明した。舞台となっているのは、大手交換事業者のビットフライヤー。顧客獲得を優先し、本人確認が不十分なままでも売買を可能にしていた。他人や架空の人物をかたっての取引が横行すれば、資金洗浄(マネーロンダリング)の温床となりかねない。同社は犯罪への悪用防止に向けて対策を強化する。

「交換事業者は他社との競争が激しい。法律上の具体的な定めがない状況で、厳しいルールをつ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り982文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン