M&A、不正チェックにAIを 高岡俊文氏
KPMG FAS パートナー

2018/4/13 2:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

企業のM&A(合併・買収)後に不正が発覚し、大きな損失が生じる事件が多発している。私は企業の不正を調査した経験から、M&Aのプロセスに共通の問題があることを指摘したい。

多くの場合、売却対象となるのは売り手企業にとっての非中核分野だ。コスト管理が不十分で、内部統制が脆弱になっている可能性がある。だが買収を成立させたい買い手側の動機が強すぎると、重大なリスクを見逃してしまう。

投資先企業の経営実態…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]