/

ベネズエラ、インフレ率8878% 物資不足で

3月末時点

【サンパウロ=外山尚之】政情混乱が続く南米ベネズエラの議会は11日、3月末時点でのインフレ率が前年比8878%に達したと発表した。2月末時点では6147%だったが、物資不足でさらに状況が悪化した。

ハイパーインフレが続くなか、ベネズエラ中央銀行はインフレ率の公開を取りやめており、野党が多数を占める議会が独自に算出している。3月単月でのインフレ率は前月比67%で、既に1~3月期のインフレ率は累計で453%にのぼる。

ベネズエラのマドゥロ大統領はインフレや物資不足について「米国がしかけた経済戦争だ」と主張。同国の仮想通貨「ペトロ」の流通や、通貨単位を1000分の1に切り下げるデノミでインフレに対抗する構えだ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン