2018年11月17日(土)

タクシー・バスの運転免許、受験資格の緩和検討

2018/4/12 10:08
保存
共有
印刷
その他

タクシーやバスの運転に必要な2種免許について、警察庁は12日、受験資格の見直しを検討する有識者会議を設置すると発表した。年齢や運転経験の要件緩和を議論する。25日に初会合を開き、2018年度中に結論を出す。

要件緩和はドライバーの不足や高齢化対策として業界が要望し、政府の規制改革実施計画に盛り込まれていた。

検討対象は、タクシー運転手に必要な普通2種とバスが運転できる大型2種。いずれも受験には年齢(21歳以上)と運転経験(普通免許保有3年以上)の要件がある。運転経験については、教習所で教習を受ければ最短2年に短縮される。

有識者会議は交通心理学や自動車教習所の関係者らで構成。運転経験の要件を「1年以上」に引き下げる方向で、具体的な教習内容などを検討する。年齢については引き下げても安全性に問題がないかなどを議論する。

警察庁の調査では、技能教習時間を増やすなどしたところ、普通2種については最短1年に引き下げても技能に問題はなかったという。今後大型2種についても調べる。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報