2018年11月21日(水)

ザッカーバーグ氏「規制避けられない」 公聴会2日目

2018/4/12 4:55
保存
共有
印刷
その他

【シリコンバレー=白石武志】米下院のエネルギー・商業委員会で11日、米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)の2日目の公聴会が開かれた。前日の上院の公聴会に続き、個人情報保護規制などをめぐって議論が続いた。同氏は「人々の生活にとってネットの重要性は増しており、何らかの規制は避けられない」との認識を示した。

ザッカーバーグ氏は公聴会の冒頭、個人情報の不正流用や偽ニュースによる選挙への影響などについて「私の過ちだった。申し訳ない」と重ねて謝罪。「時間がかかっても改善することを約束する」と述べた。

前日に続き、ザッカーバーグ氏はネット上の個人情報の扱いや政治的広告に対する規制強化の動きについては肯定的な発言を繰り返した。ただ、「大企業には規制に容易に対応できる体力があるが、スタートアップには負担が大きい」とし、競争を促進するために規制の中身には配慮が必要だとの考えを示した。

ザッカーバーグ氏は偽ニュース問題などを念頭に、フェイスブック上でやりとりされるコンテンツについても「我々に責任がある」との姿勢を示し、人工知能(AI)などを使った対策の強化を説明した。「新聞や出版社並みに法的な責任を負うべきではないか」との質問には、「我々の責任は有害な情報を確実になくすことだ」と述べるにとどめた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報