/

この記事は会員限定です

楽天×ビックで商品開発 アマゾンに対抗

[有料会員限定]

米アマゾン・ドット・コムが存在感を高める中、日本の小売業が相次いで対抗策を打ち出した。共同のネット通販サイトを立ち上げたビックカメラと楽天は、独自商品の開発や物流でも手を組む。イオンは米スタートアップへの出資を手始めに、IT(情報技術)や物流関連に2021年2月期までに5000億円を投じる。異業種と組んで、デジタル戦略の巻き返しを図る。

白物家電、ターゲット絞る

ビックカメラと楽天は11日、家電販売サイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1625文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン