2018年11月21日(水)

「非資源」傾斜の伊藤忠、イラク油田の大勝負  編集委員 松尾博文

ニュースこう読む
コラム(ビジネス)
(1/2ページ)
2018/4/13 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

伊藤忠商事がイラク南部の「西クルナ1油田」の権益19.6%を、英蘭メジャー(国際石油資本)のロイヤル・ダッチ・シェルから取得した。可採埋蔵量は200億バレル超と、世界のトップ10に入る大型油田だ。伊藤忠は市況に左右される資源には頼らない経営を強みとしてきたはず。非資源商社の雄が今になって中東油田に挑むのはなぜか。

メソポタミア文明を育んだ2つの大河、チグリス川とユーフラテス川はイラク南部のクルナ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報