2018年12月11日(火)

地銀、本業厳しく共倒れの懸念 金融庁が報告書

2018/4/11 20:26
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

金融庁の有識者会議が地方銀行の競争環境を問題視するのは、人口が減る中で過当競争を続ければ、同じ地域内の複数行が共倒れしかねないとの懸念があるためだ。ふくおかフィナンシャルグループ(FG)と十八銀行の統合計画のように、今後も同一県内での再編を模索する動きは起こり得る。今の競争政策の「原理原則」では地域金融に対応しきれないと考え、政府間の連携を促す。

報告書には47都道府県ごとの地銀の競争環境を例示…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報