首相、柳瀬氏への指示否定 県側との面会は認識せず

2018/4/11 19:52
保存
共有
印刷
その他

安倍晋三首相は11日の衆院予算委員会で、学校法人「加計学園」の獣医学部新設に関し、柳瀬唯夫経済産業審議官への指示を否定した。2015年4月2日に愛媛県職員らが首相秘書官だった柳瀬氏と面会した際、柳瀬氏が「首相案件」と発言したと記した県の文書が見つかったことで「秘書官に自治体などにアドバイスせよと言ったことはない」と断言した。

首相は柳瀬氏が文書の内容を否定していることについて「私が意図していないことや私的なことを『首相の意向だ』と私の秘書官が振り回すということはあり得ない」と強調した。柳瀬氏が愛媛県職員らとの面会はなかったと話していることは「秘書官の来客を私が報告を受けることはない」と述べるにとどめた。その上で首相官邸の入館記録を再確認する意向を示した。

野党は「首相案件」と書かれた文書が存在したと説明する愛媛県と、柳瀬氏の主張が食い違っていると指摘。首相は「文書の評価はコメントできないが、柳瀬氏の発言を信頼している」と語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]