/

この記事は会員限定です

仮想通貨規制、海外業者とはイタチごっこ 金融庁「警告」でけん制

[有料会員限定]

「取引が国境を越えるのでルールをつくってもエンフォースメント(執行)が難しい」。金融庁が10日開いた仮想通貨をめぐる研究会の初会合。メンバーの森下哲朗・上智大法科大学院教授の発言は仮想通貨行政の難しさを端的に物語る。

金融庁が無登録で仮想通貨交換業を営んでいた海外業者に初めて警告を出した2月13日。行政処分に発展する可能性を問われた金融庁の答えは「日本で登録されておらず所在がマカオなので規制が及ば...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り990文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン