/

この記事は会員限定です

外国人受け入れ環境の整備、議論急務に 就労に新資格

[有料会員限定]

政府は外国人労働者向けの新たな在留資格をつくり、就労の本格拡大にカジを切る。深刻な人手不足から人材確保へのニーズが高まり、働きながら学ぶ技能実習制度の拡充だけでの対応が限界にきているからだ。単純労働の分野で事実上の長期就労に道をひらく中、外国人との共生を前提とした社会の受け入れ環境づくりの議論が欠かせない。

政府は単純労働を目的とする外国人の受け入れを認めていない。日本人の雇用を奪ったり失業して不...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り513文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン