2018年9月26日(水)

ソフトバンク、次世代電池で拠点 物材機構と共同研究

2018/4/11 18:53
保存
共有
印刷
その他

 ソフトバンクと国立研究開発法人の物質・材料研究機構は11日、リチウムイオン電池よりも性能が大幅に高い「リチウム空気電池」の共同研究を始めると発表した。先端技術開発センターを設置し、2年間で約10億円を投じる。基礎研究を進め、2025年をメドに実用化したい考えだ。

 リチウム空気電池は次世代電池の有力候補で、充放電に空気中の酸素を利用する。理論上は性能の目安となる容量をリチウムイオン電池の5倍以上にできる。小型化しやすく、携帯機器やドローンなどに使う電池として期待を集める。

 センターは11日付で設置した。数十人の研究者らが参加し、物材機構の基礎研究の成果を活用しながら電池の基本設計や試作、性能や安全性の評価などを手がける。

 都内で記者会見したソフトバンクの宮川潤一副社長は「電池の容量が5倍になれば世の中が大きく変わる」と強調。そのうえで、電池メーカーがリチウム空気電池に興味を示さない場合は「我々がやるかもしれない」と自社での製品化に含みを持たせた。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報