/

トーマツ包括代表に国井氏

監査法人トーマツは11日、6月1日付で社長に相当する包括代表に国井泰成氏(58)が就任する人事を固めた。東京監査事業部長などの経験をいかし、監査の質を一段と高める。現任の観恒平氏(58)は退任する。

監査法人などを統括するデロイトトーマツグループの最高経営責任者(CEO)には、グループの意思決定機関の議長を務める永田高士氏(60)が就任する。現CEOの小川陽一郎氏(62)は退任し、永田氏の後任議長には後藤順子氏(59)が就任する。

国井 泰成氏(くにい・たいせい)82年(昭57年)明大経営卒、85年等松・青木監査法人(現監査法人トーマツ)入社。10年経営会議メンバー。富山県出身。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン