JR四国、京都に簡易宿所 15日開業 訪日客の四国誘客も狙い

2018/4/11 20:00
保存
共有
印刷
その他

JR四国は京都で宿泊事業に参入する。15日に京都駅南側に町家風の2階建て簡易宿所を3棟開業する。1~5人が泊まれる1棟貸しで、宿泊料金は1棟1泊あたり閑散期で1万3000円から、行楽シーズンで2万5000円から。年間2000万~2500万円の売り上げを目指す。

施設名は「4S STAY 京都九条」。京都駅八条口から徒歩15分程度の場所に設けた。今治タオルのバスタオルや砥部焼の湯飲みなどの四国の特産、工芸品を備品に用いて、宿泊する訪日外国人客に四国の魅力をアピールし、四国観光の需要を掘り起こす。仮想現実(VR)で四国の観光名所を体感できるゴーグル型の端末も設置する。

四国でも近々、簡易宿所を手掛ける方針だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]