2018年11月14日(水)

台湾蔡政権、総統府秘書長に陳菊氏
政権浮揚へ切り札 選挙へ危機感

2018/4/11 16:22 (2018/4/11 16:23更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【台北=伊原健作】台湾の民主進歩党(民進党)、蔡英文政権は11日、官房長官に当たる総統府秘書長に陳菊・高雄市長(67)を起用すると発表した。民主化運動の闘士の経歴を持ち高い人気を誇る大物の起用で、11月の統一地方選に向け政権浮揚を図る。台湾は与野党ともに人気が低迷。選挙情勢が混沌とするなか、党内を引き締めて少しでも優位を保ちたい蔡氏の危機感も透ける。

秘書長は人選により裏方に徹することもあるが、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報