/

中国ニュースアプリ大手、検閲人員を1万人に

【北京=多部田俊輔】中国のニュースアプリ大手、今日頭条の張一鳴・最高経営責任者(CEO)は11日、不適切な動画投稿などでダウンロードの一時停止措置を受けた問題で謝罪文を発表した。「規模拡大に偏り、社会的責任や正しい世論誘導の意識が欠如していた」と表明し、ニュースや投稿内容などを検閲する人員を現在の6千人から1万人に増やすと明らかにした。

社内の中国共産党組織の活動を強化し、習近平(シー・ジンピン)国家主席が別格の指導者であることを示す核心意識を含む4つの意識を高めると強調。4月中に「思想改善」に取り組む委員会を新設し、人民代表大会の代表らで構成するコンテンツ監督専門家グループも設けるという。

共産党系メディアとの連携を深め、党系メディアのニュースなどを多く伝える。今日頭条の利用者は2億人を超え、党系メディアとは一線を画す内容で若者に人気を集めてきた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン