/

この記事は会員限定です

品質不正、ブランド管理で防げ 阿久津聡氏

一橋大学教授

[有料会員限定]

日産自動車SUBARU(スバル)で無資格の従業員が新車の完成検査をしていた問題など、日本企業で品質に関する不祥事が相次ぎ発覚している。メディアでは「日本のものづくりのレベルが下がった」との論調も目に付くが、本質を突いた議論と思えない。一連の不祥事と日本の技術力を結びつける議論に問題がある。

メーカー側を擁護するつもりは毛頭ないが、そもそも技術力の低下が品質管理の不正につながったという因果関係が認められない。既存のルー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り735文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン