米スプリントとTモバイル、統合再交渉 WSJ報道

2018/4/11 9:40
保存
共有
印刷
その他

ソフトバンクグループ(SBG)傘下で米携帯電話4位のスプリントと同3位のTモバイルUSが、統合交渉を再開したと米ウォール・ストリート・ジャーナルが10日報じた。関係者によると、交渉は初期段階で、まとまらない可能性もあるという。SBG広報室は報道について「コメントを控える」としている。

スプリントとTモバイルは、ベライゾン・コミュニケーションズとAT&Tの大手2社に対抗するために経営統合を模索していたが、互いに経営の主導権を握ることを主張して折り合いが付かず、2017年11月に破談していた。13~14年にかけても交渉していたが中止した経緯がある。

米通信会社の統合には米連邦通信委員会(FCC)などの認可が必要。両社が合意に至っても実現にはハードルがある。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]