/

首相、加計氏から「相談や依頼ない」 衆院予算委

安倍晋三首相は11日午前の衆院予算委員会で、学校法人「加計学園」の獣医学部新設について、同学園の加計孝太郎理事長から事前に相談を受けた事実はないと主張した。「獣医学部新設について相談や依頼があったことは一切ない」と述べた。国家戦略特区制度を利用した獣医学部の認可は「プロセスに問題はない。私から指示を受けた人もいない」と強調した。

衆院予算委で答弁する安倍首相(11日午前)

愛媛県職員が2015年に当時の柳瀬唯夫首相秘書官と面会した際に「首相案件」と説明を受けたとする記録に関しては「コメントを差し控えたい」と述べるにとどめた。

15年4月以前に首相と加計氏、下村博文文部科学相(当時)が面会したとの一部報道を巡っては「3人で会食したことはない」と断言。獣医学部の計画を把握したのは、国家戦略特区の事業者認定がなされた17年1月だったと説明した。

自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長は11日午前、都内で会談し、加計学園問題について、政府に説明責任の徹底を求める方針で一致した。柳瀬氏らの国会招致を「必要があれば与野党で協議して決めていく」ことも確認した。立憲民主党、希望の党など野党6党の国会対策委員長は11日午前、国会内で会談し、柳瀬氏の証人喚問を求める方針で一致した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン