シリア化学兵器の国連調査、決議3案いずれも否決
安保理、欧米とロシア対立

2018/4/11 7:40
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=高橋里奈】国連安全保障理事会は10日、シリアのダマスカス近郊での化学兵器使用疑惑を受け、独立調査機関の新設を求める米国の決議案を否決した。ロシアが拒否権を行使。シリアのアサド政権を支えるロシアも同様の決議案を提出したが、独立性に疑問があるとして英米仏など7カ国が反対して否決した。欧米とロシアが鋭く対立し、化学兵器使用の実態を明かす国連調査の道は断たれた。

米国が作成し、英仏などと…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]