/

豪乳業最大手、カナダ同業による買収を株主が承認

【シドニー=松本史】豪乳業最大手、マレー・ゴールバンはカナダ同業のサプートによる買収を株主が承認したと明らかにした。買収総額は13億1千万豪ドル(約1070億円)。今後、豪外国投資審査委員会(FIRB)の審査を受ける。マレーは乳価引き下げによる生産者の搾乳意欲の低下などで業績が低迷、2017年6月期の最終損益は3億7千万ドルの赤字になっていた。

マレー・ゴールバンによると、5日に開かれた臨時株主総会で98%の株主がサプートによる買収を承認した。マレー・ゴールバンの株主は牛乳を提供する酪農家ら。「デボンデール」ブランドが国内で広く親しまれているほか、商社を通じ日本にもチーズを輸出している。需要国である中国の景気減速などを受け、16年から生産者に支払う乳価を5~10%引き下げ、酪農家の生産意欲減退につながっていた。

経営難となった同社の買収を巡っては、中国の内蒙古伊利実業集団やキリンホールディングス子会社、豪ライオンの名も取り沙汰された。サプートは13年、豪乳業4位だったワーナンブール・チーズ・アンド・バターも買収している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン