/

この記事は会員限定です

アルミ国際価格が急反発 米のロシア追加制裁が影響

[有料会員限定]

アルミニウムの国際価格が急反発している。指標となるロンドン金属取引所(LME)の3カ月先物は1トン2140ドル台後半と1週間で1割上昇した。米国が先週末にロシアへの追加制裁を発表。同国のアルミ大手、ルサールが新たな対象に加わって同社株が急落した。同社の経営不安や供給減の思惑から買い戻しが活発になっている。

ルサールのアルミ生産量は年間400万トン程度。うち米国向けは50万~60万トンとみられ、中国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り339文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン