/

この記事は会員限定です

九大、横隔膜に組織移植 ラット長期生存

[有料会員限定]

九州大学などは「バイオ3Dプリンター」で組織をつくり、横隔膜に移植したラットが長期間生存したのを確認した。再生医療ベンチャーのサイフューズ(東京・文京)と研究を進めており、難病の治癒に向けて一歩を踏み出した形だ。

九州大学の田口智章教授、張秀英研究員らの研究グループはヒトの皮膚と血管の細胞をもとにバイオ3Dプリンターでチューブ状の組織を作った。切って広げると厚さ約1ミリのシートになる。再生医療に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り494文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン