/

この記事は会員限定です

ブリジック、翻訳通じ異文化との橋渡し役目指す

(北関東VBファイル)

[有料会員限定]

地方でも進む地場産業のグローバル化。栃木県の調査では同県に本社を置く企業の2割強が海外に事業所を設けているが、アンケート調査をすると「言葉による意思疎通不足」を問題に挙げる企業が半数近くにのぼる。技術翻訳などで築いたパイプをテコに、海外とのコミュニケーションに悩む企業にスキルを伝授しようと考えているのが、同県矢板市に拠点を置くブリジックだ。

木村由貴子社長は、大学で異文化コミュニケーションの第一人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り845文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン