竹島上陸計画で抗議 日本政府、韓国に

2018/4/10 21:14
保存
共有
印刷
その他

日本政府は10日、韓国の国会議員が島根県・竹島への上陸を計画しているとして、在日韓国大使館幹部に抗議するとともに、計画を中止させるよう求めた。外務省幹部が明らかにした。自民党「領土に関する特命委員会」は同日、抗議のための決議書をまとめ、新藤義孝委員長が佐藤正久外務副大臣に提出した。

外務省による抗議は、金杉憲治アジア大洋州局長が電話で申し入れた。政府としては、河野太郎外相による10~11日の初訪韓を受けて日韓関係を改善させたいだけに、計画を巡る韓国側の動きに神経をとがらせている。

韓国の聯合ニュースによると、韓国国会の与野党議員が16~17日の日程で上陸を計画。文部科学省が3月末に告示した新しい高校学習指導要領で竹島を「固有の領土」と明記したことに抗議するためとしている。

自民特命委の決議書は「上陸が日韓関係に与える影響は極めて重大だ。朝鮮半島情勢を巡り日米韓の連携が求められる中、深刻な憂慮と懸念を表明する」とした。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]