/

人事訴訟法改正案が衆院通過

国際離婚訴訟のルールを定める人事訴訟法改正案が10日の衆院本会議で全会一致で可決、参院に送付された。被告が国内に住んでいる場合は日本で裁判ができることが柱。これまで夫婦どちらの国が裁判を管轄するかは法律上明記されておらず、訴訟ごとに個別に判断していた。当事者の負担を減らし迅速な解決につなげる。月内にも成立する見通しだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン