/

この記事は会員限定です

加計問題で文書発見「事実なら大問題」 経産省

[有料会員限定]

学校法人「加計学園」に関して愛媛県が「ない」としてきた文書の存在が明らかになった。国会では10日も陸自のイラク日報問題を審議。森友学園を巡る財務省の口裏合わせ問題などとあわせ、野党は「公文書」をめぐる疑惑で政権への攻勢を強めている。

新たに存在することが判明したのは加計学園の獣医学部新設計画に関する文書。県の職員らが首相官邸などを訪れた際のやり取りが含まれているとみられる。これまで県は開示を求めた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り585文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン