2019年6月21日(金)

けいはんな、iPSを新たな柱に 医療機器開発も視野

2018/4/9 22:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

京都府・大阪府・奈良県にまたがる関西文化学術研究都市(けいはんな学研都市)の新たな柱のひとつに、iPS細胞による創薬研究が加わることになった。理化学研究所は9日、iPS細胞創薬基盤開発連携拠点の開所式典を行った。学研都市は130以上の企業の研究拠点などが集まる。今後は新拠点を軸に、創薬や再生医療分野の医療機器開発を進める。人工知能(AI)技術の開発などと並んで積極推進する方針だ。

理研は学研都市…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報