九州オルガン針、医療分野を開拓 製造設備を自社開発

2018/4/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ミシン針製造の九州オルガン針(熊本県玉東町、高沢昌則社長)は針製造技術で医療分野の市場開拓を始めた。高度な生産技術を転用できるうえ、市場の成長性が高いとみて、専用の製造設備を自社開発して本社工場に配備する。これまで特注品の製造にとどまり、医療用針など精密分野で年間2億円弱の売上高だったのに対し5年後にミシン針と並ぶ10億円を目指す。

多面加工機と呼ばれる医療用針専用の製造装置を年内に開発し、本社…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]