2018年9月26日(水)

9/26 18:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 日経平均が2万4000円回復 次の節目を見始めた投資家[有料会員限定]
  2. 2位: 日経平均大引け 8日続伸、2万4000円台回復 8カ月ぶり
  3. 3位: 株、配当落ち埋める先高観 相場とVI同時上昇が映す強気[有料会員限定]
  4. 4位: TATERU、不正を予想したヘッジファンド[有料会員限定]
  5. 5位: 東証14時 一段高、8カ月ぶり2万4000円台 先物買いが継続

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,033.79 +93.53
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
24,000 +260

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

スペシャルトーク[映像あり]

日経マネー 発行人 大口 克人

9月26日(水)14:18

トヨタ 欧州で法人向けカーシェア[映像あり]

日産自 検査不正の最終報告書を国交省に提出

9月26日(水)13:01

[PR]

業績ニュース

高島屋の18年2月期、純利益13%増 訪日客の消費好調

2018/4/9 20:30
保存
共有
印刷
その他

 高島屋が9日に発表した2018年2月期の連結決算は、最終的なもうけを示す純利益が前の期比13%増の236億円だった。訪日外国人(インバウンド)の消費が好調で、化粧品や高額品の販売が伸びた。今年1月までの株高に伴う資産効果で、富裕層による宝飾品などの購入も増えた。

 売上高にあたる営業収益は3%増の9495億円、本業のもうけを示す営業利益は4%増の353億円だった。8年連続の増益で、08年2月期(376億円)以来10年ぶりの高水準となった。

 訪日客からの売り上げを示す免税売上高はグループ全体で約520億円と5割増えた。中国からの買い物客が関西方面を中心に大きく増えた。店舗別の売上高でも大阪店(大阪市)が1414億円と9%増えた。京都店(京都市)や新宿店(東京・渋谷)もそれぞれ4%増だった。

 商品別では訪日客に人気の化粧品が前の期比で19%増えた。高額時計などの貴金属類も6%増だつた。衣料品は0.5%減だったが、前の期に比べ減少率は縮小した。コートやジャケットなどの冬物が好調だった。

 19年2月期の純利益は22%減の185億円を見込む。百貨店の売り上げは好調に推移する一方、今年秋にも日本橋店(東京・中央)に隣接して開業する新たな商業施設の一時費用が先行する。

 営業収益は前期比で実質1%増の9190億円とした。海外子会社の売上高の一部を会計基準の変更に伴い利益ベースで表示するため、見かけ上の営業収益は前期に比べ減る。営業利益は15%減の300億円と9期ぶりの減益を見込む。グループ全体の免税売上高は630億円と2割増える見通しだ。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム