2019年2月21日(木)

希望・民進、5月にも新党 55人なら衆院野党第1党

2018/4/9 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

希望の党の玉木雄一郎、民進党の大塚耕平両代表は9日、国会内で会談し、5月中の新党結成を目指し、協議を始めることで合意した。2017年の衆院選前に分裂した民進党勢力を結集し、政権批判の受け皿をめざす。衆院で立憲民主党を上回る55人以上の会派となり、野党第1党になれるかが焦点だ。新党の規模は今後の国会を左右する。

党首会談後、玉木氏は国会内で記者団に「野党として安倍政権後の姿をしっかりと示さないとい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報