/

この記事は会員限定です

旭硝子、抗がん剤銘柄への可能性

証券部 福井環

[有料会員限定]

旭硝子が2017年2月に約600億円で買収した、バイオ医薬品の開発や生産を受託する子会社を活用する取り組みが本格的に始まった。デンマークのCMCバイオロジックスで、18年中に社名にグループのブランドを取り入れ「AGCバイオロジックス」に変える。3月には米カリフォルニア州の工場で医薬品の培養能力を2倍に引き上げた。CMCは次世代の抗がん剤開発にもつながる技術を持つ。成果いかんでは、低採算の素材メーカーとの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1246文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン