/

この記事は会員限定です

日米印、共同でインフラ投資 インド太平洋地域で

資金力で中国に対抗

[有料会員限定]

日本、米国、インド3カ国がインド太平洋地域で第三国向けのインフラ開発を共同で実施する検討に入ったことが9日分かった。同じ地域・国で個別に進めていた事業や政府系金融機関の出資を一括し、効果的にアジアのインフラ需要に対応する。資金力で存在感を増す中国と比べ、投資の透明性や事業の持続可能性などの利点を訴える。

4日にインドのニューデリーで開いた日米印3カ国の外務省局長級会合で合意した。今後、早期の事業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り487文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン