2018年11月17日(土)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,680.34 -123.28
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
21,650 -170

[PR]

円ドルダービー

フォローする

円・ドルダービー 上野氏「米保護主義政策が焦点」

2018/4/14 2:30
保存
共有
印刷
その他

読者に加え、為替相場の専門家が予想を競う円・ドルダービーの3月末予想の結果が出た。読者が対象の第204ラウンドでは愛知県の筒井光治さん(69)がピタリと当てて1位となった。読者と別枠で順位をつけるプロ部門ではみずほ証券の上野泰也チーフマーケットエコノミストが首位となった。

読者1位の筒井さんは今回が初めての応募だ。為替相場は毎日確認していて、世界の情勢がどうなるのか考えるのを楽しんでいる。2月の募集記事を見て、考えるだけではなくて参加してみようと思ったという。予想は、決算期で少し円高になると考えた。初参加でピタリと相場を当て1位となったことには「びっくりのびっくり。ねらってあたるもんじゃないし、女神でもついてるのかな」と話している。

2位の会田茂さん(68)は元商社マン。貿易関係の営業を担当していたため、為替相場は常にチェックしていたという。「20年くらい前から応募しているが、今回が初めての入賞で驚いた」と話している。

2月末と比べて3月末は円高となった。上野氏は「米国の保護主義政策でリスク回避の動きが出て円高になった」と振り返る。3月下旬には1ドル=104円台まで円高が進んだ後、円安傾向に転じた。JFX代表取締役の小林芳彦氏は「イースター(復活祭)休暇前に、それまで売られていた分の返しでドル買いが入った」と話す。イースター休暇では世界の多くの市場が休みとなる。この間に損失が出る可能性を減らすため、休暇前に売っていた分をいったん買い戻しておこうという動きが出る。

6月末の予想ではトランプ米大統領の動向が焦点になりそうだ。上野氏は予想のポイントに米国の保護主義政策をあげ「トランプ氏がどこまで本気かという見極めが必要だ」と話している。一段と保護主義的な政策が実行されれば円高になるとみる。一方、小林氏は、米朝首脳会談の行方に注目する。「うまくいけば円安、物別れに終われば円高にふれる」と話している。

【円・ドルダービー、次回は6月末の予想を募集】
 次回の円・ドルダービーの予想締め切りは5月31日です。6月29日の東京外為市場の円・ドル相場(午後5時の終値、値幅の左側の数字)の予想を募集します。
 ★電子版からも応募できます。応募の締め切りは5月31日24時。はがきとの重複応募は無効になります。
 ☆はがきでの応募は5月31日の消印有効。
 はがきの場合は、(1)6月末の円・ドル相場(1ドル=○○円○○銭)(2)予想の根拠(3)氏名(ふりがな)(4)電話番号(5)住所(6)年齢(生年月日)(7)職業――を書いてください。
 1人1予想に限ります。複数応募や必要事項の記入漏れは失格になることがあります。
 宛先 〒100―8691 日本郵便(株)銀座郵便局 私書箱399号 日本経済新聞社 経済解説部 円・ドルダービー係
 入賞者には図書カードを進呈。1位は3万円、2位は2万円、3位は1万円、4位以下の入賞者には5000円です。ピタリ賞もあります。

【日経平均ダービー、次回は6月末の予想を募集】
 次回の日経平均ダービーの予想締め切りは5月31日です。6月29日の日経平均株価終値の予想を募集します。
 ★電子版からも応募できます。応募の締め切りは5月31日24時。はがきとの重複応募は無効になります。
 ☆はがきでの応募は5月31日の消印有効。
 はがきの場合は、(1)6月末の日経平均株価(算用数字で円単位、銭は切り捨て)(2)予想の根拠(3)氏名(ふりがな)(4)電話番号(5)住所(6)年齢(生年月日)(7)職業――を書いてください。
 1人1予想に限ります。複数応募や必要事項の記入漏れは失格になることがあります。
 宛先 〒100―8691 日本郵便(株)銀座郵便局 私書箱399号 日本経済新聞社 経済解説部 日経平均ダービー係
 入賞者には図書カードを進呈。1位は3万円、2位は2万円、3位は1万円、4位以下の入賞者には5000円です。ピタリ賞もあります。

日経平均・円ダービーでは、読者の皆さんの投票を募集しています。詳細は上記の募集要項をご覧ください。日経平均ダービーへの応募はこちら、円・ドルダービーへの応募はこちらから投票してください。*会員限定

円ドルダービーをMyニュースでまとめ読み
フォローする

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

為替関連のデータ&チャート

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム