/

この記事は会員限定です

政と官の仕切り線 政権交代時代の「中立性」

編集委員 清水真人

[有料会員限定]

小選挙区主体の衆院選で政権交代が起き始め、選挙の顔となる首相主導体制へと統治構造が移り変わったこの30年の「平成デモクラシー」。自民党長期政権下で持ちつ持たれつの「共犯関係」を築いた政と官の力学も変転する。選挙で勝った与党議員はその民主的正統性を背景に「政治主導」で官を押し込む。政権を経験した野党議員も気分は同じだ。政権交代時代の政と官の仕切り線をどう引き直すか。キーワードは「中立性」だ。

官僚制の「顕教と密教」

「宣誓。私は国民全体の奉仕...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3002文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン