2019年7月24日(水)

Omise、韓国カード会社とフィンテックで連携

2018/4/9 14:04
保存
共有
印刷
その他

タイのバンコクを拠点にオンライン決済のプラットフォームを提供するスタートアップのOmiseホールディングス(オミセHD、長谷川潤社長)などは、このほど、韓国クレジットカード発行会社の新韓カードと金融とテクノロジーを融合した「フィンテック」などの領域で協力する覚書(MOU)を交わした。オミセHDが持つ金融のノウハウを活用し新事業を検討する。

新韓カードのキム・ジョンスデジタルビジネス部門長(左)と握手するオミセHDの長谷川潤社長(中央)=オミセHD提供

オミセHDに加え、グループ会社で仮想通貨を発行するオミセGO(シンガポール)も新韓カードとブロックチェーン(分散型台帳)領域で連携する。オミセHDは日本やタイ、インドネシア、シンガポールに子会社を持ちそれぞれの国でオンライン決済サービス「オミセペイメント」を展開する。

傘下のオミセGOがトークンを発行し、世界の投資家から2500万ドル(約27億円)の資金を調達した。ブロックチェーンのセキュリティーで保護されたネットワークを通じて仮想通貨の価値を交換できるサービスを開発中だ。

新韓カードは、韓国金融大手の新韓金融持ち株会社(シンハン・フィナンシャル・グループ)の子会社。韓国市場の23%を占め韓国国内の最大手だ。オミセHDは新韓カードと連携し、同カードの海外加盟店増加支援や、モバイル決済のアプリケーション開発などの新規事業を進めたい考えだ。

(矢野摂士)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。