/

この記事は会員限定です

冒険的豪商の2代目、若尾民造氏

市場経済研究所代表 鍋島高明

[有料会員限定]

大正2年1月19日付大阪朝日新聞は「日本の資産家」を顔写真入りで特集した。その中で1,000万円以上の大資産家として岩崎久弥、大倉喜八郎、安田善次郎、古河虎之助らそうそうたる大財閥の当主に伍して若尾民造がランクインした。

若尾家の富は先代若尾逸平が一代で築いたものとされるが、逸平に見込まれ18歳で養子になって以来、逸平のそばでリスクと闘い続けてきただけに、"たなぼた"にありついたわけではない。重要...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1285文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン