/

松山刑務所の受刑者逃走 27歳男、愛媛と広島で捜索

愛媛県警今治署は8日、同日午後6時ごろから同7時ごろの間に、同県今治市の松山刑務所大井造船作業場から平尾龍磨受刑者(27)が逃走したと明らかにした。県警は9日、同受刑者を逃走容疑で指名手配した。今治市と瀬戸内しまなみ海道で結ばれている広島県尾道市・向島の尾道大橋付近で、同受刑者が使ったとみられる盗難車が見つかり、両県警が周辺を捜索している。

松山刑務所によると、平尾受刑者は窃盗などの罪で服役中。昨年12月から同作業場に収容されていた。法務省によると、同作業場では1961年の開所以降、今回を含めて17件20人の逃走事案があったという。

両県警などによると、平尾受刑者は身長約173センチでやせ形、黒髪の短髪。黒っぽいジャージー姿で、白の運動靴を履いていた。8日午後6時10分ごろ、作業場の防犯カメラに、同受刑者とみられる男が敷地外へ走って行く姿が映っていた。

自由時間になった午後7時ごろ、談話室に現れず、自室にもいなかったため作業場の職員が110番した。無施錠だった1階廊下の窓から逃走した可能性があるという。

その後、1キロ余り離れた今治市内の住宅が荒らされ、乗用車と現金が入った財布が盗まれたことが判明。逃走との関連を捜査し、午後8時半ごろ、尾道大橋付近で車を発見した。

大井造船作業場は民間の造船所の敷地を借り、塀がなく、全国的にも珍しい開放的な矯正施設として知られる。常時監視はしておらず、窓や玄関は内側から開けられるという。生活態度が良好な状態が継続し、逃走や自殺を図ったことがないなどの基準に該当する模範囚が収容されている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン